【2024年版】横浜の不動産売却でおすすめな不動産会社7選!気をつけたいトラブルについて解説

横浜の不動産会社 おすすめ

東京までの交通アクセスが良く、赤レンガ倉庫や中華街など、有名な観光スポットが多いことでも知られているのが横浜です。「横浜で家を購入したい」「横浜の不動産を売却したい」と考えている人はいませんか。横浜で不動産取引を成功させるためには、信頼できる不動産会社を見つけることが重要です。

この記事では、横浜の不動産売却でおすすめな不動産会社を7社厳選して紹介しています。

横浜で不動産会社を選ぶときにチェックするポイントや気をつけたいトラブルについても解説しているので、横浜で不動産会社を探している人は参考にしてください。

横浜の不動産売却でおすすめな不動産会社7選を比較

まずは、横浜でおすすめの不動産会社7選のデータを表で比較していきましょう。

会社名 三井不動産リアルティ SRE不動産
東急リバブル 住友不動産販売 東宝ハウス横浜 ホームタウンよこはま ハッピーハウス
設立日 1969年7月15日 2014年4月14日 1972年3月10日 1975年3月1日 1987年10月 2006年10月19日  1985年6月
仲介件数 19,370件 14,731件 17,531件  –
店舗数 291(2023年11月時点) 7(2023年12月時点) 219店舗 (※2024年2月時点) 229(2023年11月時点) 20(2023年11月時点) 1(2023年11月時点) 1(2023年11月時点)
対応エリア 札幌、東北、首都圏、関西、中国、九州 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、兵庫県、京都府、奈良県 札幌、仙台、東京、神奈川、埼玉、千葉、名古屋、大阪、兵庫、京都、福岡、海外(台湾、シンガポール、ロサンゼルス、ダラス) 北海道、宮城、東京、埼玉、神奈川、千葉、大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、愛知、三重、岡山、広島、福岡 東京、埼玉、神奈川 横浜市、川崎市 横浜
対応物件 マンション、戸建て、土地、投資用不動産 一戸建て、マンション、土地、駐車場、収益用不動産 マンション、戸建て、オフィス、店舗 マンション、戸建て、土地、事業用・投資用不動産、賃貸の仲介 戸建て、マンション、土地 賃貸 土地、戸建て、ビル、マンション
公式サイト

“参考:住宅新報2022年度の売買仲介実績調査」”
※上記表は2022年度の実績をもとに作成しています

関連記事:【2024年】不動産仲介の売買実績ランキングTOP10!信頼できる大手不動産会社の特徴を徹底比較

横浜の不動産売却でおすすめの不動産会社7選

横浜の不動産売却でおすすめな不動産会社の特徴やサービス内容について詳しく解説していきます。

三井不動産リアルティ

画像出典元:三井のリハウス公式HP

三井不動産リアルティがおすすめな人
  • 手厚いサポートを希望する人
  • 安心・安全な売買取引がしたい人
  • 実績の多さを重視する人

三井不動産リアルティは、売主も買主も取引後まで360度のサポートを実施している全国大手の不動産会社です。横浜市内には20店舗以上の支店や売買センターを展開しています。

不動産を売却や購入する物件は、三井のリハウス独自の基準による無償のチェックを受けることが可能です。引き渡し後は、一定期間のみ設備や建物の補修費用を三井のリハウスが負担してくれます。

会社名 三井不動産リアルティ
サービス名 三井のリハウス
設立日 1969年7月15日
仲介件数 19,370件
店舗数 291(2023年11月時点)
対応エリア 札幌、東北、首都圏、関西、中国、九州
対応物件 マンション、戸建て、土地、投資用不動産
\査定依頼までたったの60秒/

関連記事:三井のリハウスの不動産売却の口コミ・評判は?特徴やメリット・デメリットを紹介

SRE不動産

「SRE不動産」は両手仲介を避けたい人におすすめ

SRE不動産がおすすめな人
  • 首都圏・関西圏に物件を所有する人
  • 囲い込みのリスクを避けたい人
  • AI査定を合わせて利用したい人

SRE不動産は、SREホールディングスが運営しているソニーグループの不動産会社です。

AIクラウド・コンサルティング事業と不動産テック事業を手掛けていることから、自社テクノロジーであるAI技術と集積したデータを活用しアウトプットする不動産事業に力を注いでいます。

SRE不動産では、売主の利益を最優先に考えて片手仲介をおこなっているのも大きな特徴です。両手仲介をおこなう不動産会社と比較すると、不用意な値引きを要求される可能性が低いでしょう。

運営会社 SREホールディングス株式会社
設立日 2014年4月14日
店舗数 7(2023年12月)
対応エリア 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪府、兵庫県、京都府、奈良県
対応物件 一戸建て、マンション、土地、駐車場、収益用不動産
資本金 4,088,600千円(2022年3月31日現在)
主要株主 ソニーグループ株式会社

関連記事:SRE不動産(旧ソニー不動産)の口コミ評判は?査定・売却サービスの特徴やメリット・デメリットを解説

東急リバブル

画像出典元:東急リバブル公式HP

東急リバブルがおすすめな人
  • 住み替えを検討している人
  • 賃貸も検討している人
  • すぐに現金化したい人

東急リバブルは、自宅の売却から住み替え先の紹介、老後や資金のことまでトータルでサポートできる全国大手の不動産会社です。横浜市内には17店舗の売買センターと賃貸センターを展開しています。

売買ユーザーは、紹介特典や再契約特典などのさまざまな割引サービスを適用することが可能です。不動産売却を急いでいる場合は、東急リバブルが不動産を買い取ることもできます。

会社名 東急リバブル
サービス名 東急リバブル
設立日 1972年3月10日
仲介件数 14,731件
店舗数 219店舗 (※2024年2月時点)
対応エリア 札幌、仙台、東京、神奈川、埼玉、千葉、
名古屋、大阪、兵庫、京都、福岡、
海外(台湾、シンガポール、ロサンゼルス、ダラス)
対応物件 マンション、戸建て、オフィス、店舗
\手軽にAI査定/

関連記事:東急リバブルの評判を徹底調査!実際の口コミやメリット・デメリットを紹介

住友不動産販売

住友不動産販売 すみふの仲介

画像出典元:住友不動産販売公式HP

住友不動産販売がおすすめな人
  • 不動産取引が初めての人
  • 不動産を高く売却したい人
  • 満足度の高いサービスを受けたい人

住友不動産販売は、安心と安全な取引ができるようにさまざまなサポートを用意している全国大手の不動産会社です。横浜市には北部と南部に多数の営業センターを展開しています。

住友不動産販売では、顧客へのメール送信やステップオークションなどの多種多様な売却活動を実施しているため、高値での不動産売却にも期待がもてるでしょう。売却を依頼した売主の顧客満足度は94.4%と高くなっています。

会社名 住友不動産販売
サービス名 すみふの仲介 ステップ
設立日 1975年3月1日
仲介件数 17,531件
店舗数 229(2023年11月時点)
対応エリア 北海道、宮城、東京、埼玉、神奈川、千葉、大阪、京都、兵庫、滋賀、奈良、愛知、三重、岡山、広島、福岡
対応物件 マンション、戸建て、土地、事業用・投資用不動産
\フォームから無料売却相談/

関連記事:住友不動産販売の口コミ・評判は?特徴やメリット・デメリットを解説!

東宝ハウス横浜

画像出典元:東宝ハウス横浜公式HP

東宝ハウス横浜がおすすめな人
  • 横浜で実績のある不動産会社を利用したい人
  • リースバックを検討している人
  • 売却を急いでいる人

東宝ハウスは、不動産売買実績全国10位を記録している不動産売却に特化した不動産会社です。横浜エリアの不動産売却査定満足度調査では1位を獲得しています。

不動産売却の相談や問い合わせ、査定依頼は電話やオンラインで申し込むことが可能です。不動産を急いで売りたい場合は、買取業者紹介システムが利用できるので、リスクを抑えながら取引することができるでしょう。

会社名 株式会社東宝ハウス横浜
サービス名 東宝ハウス横浜
設立日 1987年10月
仲介件数
店舗数 20(2023年11月時点)
対応エリア 東京、埼玉、神奈川
対応物件 マンション、戸建て、土地
\簡単無料査定/

関連記事:東宝ハウスの口コミ・評判は?特徴やメリット・デメリットを解説!

ホームタウンよこはま

画像出典元:ホームタウンよこはま公式HP

ホームタウンよこはまがおすすめな人
  • 横浜で家を探している人
  • 住宅ローンの利用を検討している人
  • 物件情報量を重視する人

ホームタウンよこはまは、横浜で不動産を探しをしている人に物件情報や資金面の提案をおこなっている地域密着型の不動産会社です。入居後も、在籍しているファイナンシャルプランナーに住宅ローンの悩みなどを相談することができます。

独自の情報ルートを確立しているため、広告には掲載されていない未公開物件や販売予定物件などの情報量が豊富です。1級ファイナンシャルプランナーによる住宅購入セミナーも開催しています。

会社名 株式会社ホームタウンよこはま
サービス名 ホームタウンよこはま
設立日 2006年10月19日
仲介件数
店舗数 1(2023年11月時点)
対応エリア 横浜市、川崎市
対応物件 賃貸
\会員だけの特別な検索機能/

ハッピーハウス

画像出典元:ハッピーハウス公式HP

ハッピーハウスがおすすめな人
  • 不動産を高く売却したい人
  • 売却活動をしっかりする不動産会社に依頼したい人
  • 不動産を早く売却したい人

ハッピーハウスは、マーケティング力が強い地域密着型の不動産会社です。同じ物件でも複数のチラシを作成したり、物件ごとにランディングページを作成したりして、ターゲットに物件の良さを伝えています。

横浜エリアの不動産情報に精通しているため、どのような疑問や質問にも的確に答えることができるでしょう。空き家の管理や境界の立ち合い、税務手続きなど、不動産売却に関わる手続きであればすべてサポートできます。

会社名 株式会社ハッピーハウス
サービス名 ハッピーハウス
設立日 1985年6月
仲介件数
店舗数 1(2023年11月時点)
対応エリア 横浜
対応物件 マンション、戸建て、土地
\急ぎの場合は電話で相談/

【2024年最新】2023年上半期の不動産仲介実績ランキングTOP10

不動産会社を選ぶときは、仲介実績を参考にしてみましょう。2022年上半期の不動産仲介実績ランキング上位10社を紹介します。

順位 会社名 手数料収入 取扱高 仲介件数
1位 三井のリハウス 437億円 9,024億円 19,370件
2位 東急リバブル 399億円 8,580億円 14,731件
3位 住友不動産販売 354億円 6,794億円 17,531件
4位 野村の仲介+ 224億円 5,322億円 5,059件
5位 三井住友トラスト不動産 118億円 2,667億円 3,964件
6位 三菱UFJ不動産販売 96億円 2,182億円 2,074件
7位 積水ハウスグループ 65億円 1,410億円 3,774件
8位 大和ハウス工業グループ 45億円 722億円 2,472件
9位 住友林業ホームサービス 43億円 957億円 2,338件
10位 三菱地所リアルエステートサービス 39億円 990億円 540件

“参考:R.E.port22年度上記仲介実績、17社が手数料収入増」”

不動産仲介業者の顧客満足度ランキングTOP10

J-Nav不動産メディア編集部では、実際に不動産仲介業者を利用した人の満足度調査をおこないました。アンケートの回答から満足度の高い不動産会社を紹介します。

不動産会社の満足度は、以下の8項目を5点満点で評価してもらいました。

  • 利用のしやすさ
  • 査定結果の納得度
  • 営業担当者の質
  • 売却活動の満足度
  • 売却成立までのスピード
  • アフターフォローの充実度
  • 企業の信頼度
  • 知人に紹介したいか

満足度に不動産会社の回答数や月間検索回数も加味して、ランキング化したTOP10は次の10社です。

順位 会社名 総合点(5点中) 評価点平均 回答数 月間検索回数
1位 東急リバブル 4.48 3.45 24 74000
2位 三井のリハウス 3.92 3.77 13 60500
3位 住友不動産販売 3.79 3.36 11 60500
4位 オープンハウス 3.66 3.98 3 90500
5位 センチュリー21 3.41 3.23 10 49500
6位 積水ハウスグループ 3.33 3.98 6 5400
7位 三井住友トラスト不動産 3.31 3.94 1 12100
8位 みずほ不動産販売 3.17 4.50 1 6600
9位 野村の仲介+ 2.97 2.91 2 27100
10位 住友林業ホームサービス 2.92 3.75 2 5400

総合得点は、「回答数・月間検索回数」を5点満点に換算して、「評価点平均・回答数・月間検索回数」を平均化することで算出しています。5点満点の換算方法は以下のとおりです。

①回答数

回答数 スコア
5未満 2
5以上10未満 3
10以上20未満 4
20以上 5

②月間検索回数

月間検索回数 スコア
10,000回未満 3
10,000回以上50,000回未満 4
50,000回以上 5

※2023年3月に編集部で調査

横浜でおすすめの不動産会社として本記事でも紹介している「三井のリハウス」「東急リバブル」「住友不動産販売」は上記のアンケートでもTOP3にランクインしています。ランキングを参考にしつつ不動産一括査定サイトも活用して、より信頼できそうな不動産会社を見つけましょう。

不動産一括査定サイトがおすすめ

不動産会社を効率的に比較をしたい人は、不動産一括査定サイトがおすすめです。不動産一括査定サイトおすすめランキングTOP3を紹介します。

\1位/ \2位/ \3位/
サービス suumo売却査定 すまいValue LIFULL HOME'S 不動産売却査定
詳細
  • J-Nav不動産メディア編集部
    2つ以上の不動産一括査定サイトを同時利用することで、より選択肢が広がり納得できる不動産会社と出会える確率は高まります!
  • 不動産一括査定サイトのおすすめについては、下記の記事でも紹介しています。

    関連記事:不動産一括査定サイトおすすめランキング16選を比較!人気サイトの評判や選び方を解説【2023年最新】

    横浜の平均地価

    横浜で不動産取引を成功させるためには、地価を把握しておくことが大切です。横浜の平均地価や区、駅ごとの地価について解説します。

    横浜市の平均地価

    地価は、国土交通省が毎年3月中旬頃に、その年の1月1日時点の評価を公表しています。

    横浜市の2023年度の基準地価平均は46万3,805円/m2です。坪単価は153万3,239円/坪で、変動率は3.36%上昇しています。基準地価のランキングでは、1736市町村中31位と高めです。

    横浜の区の平均地価ランキング

    横浜市の区別平均地価ランキングTOP5は、次のとおりです。

    順位 行政区 基準地価平均 坪単価平均 変動率
    1位 西区 261万3187円/m2 863万8636円/坪 +5.74%
    2位 中区 77万3818円/m2 255万8076円/坪 +4.35%
    3位 神奈川区 65万9166円/m2 217万9063円/坪 +5.19%
    4位 港北区 51万4703円/m2 170万1499円/坪 +4.47%
    5位 青葉区 41万4652円/m2 137万0750円/坪 +3.04%

    1位の横浜市西区は、横浜市のほぼ中央に位置しています。横浜で最も面積の小さいエリアですが、横浜駅やみなとみらい駅があるので交通アクセスが良いです。ランドマークタワーやクイーンズスクエアなどの観光スポットも充実しているため地価が高いです。

    横浜の駅の平均地価ランキング

    横浜市の駅別平均地価ランキングTOP5は、次のとおりです。

    順位 行政区 地価平均 坪単価平均 変動率
    1位 横浜駅 338万0000円/m2 1117万3553円/坪 +6.41%
    2位 みなとみらい駅 260万0000円/m2 859万5041円/坪 +13.54%
    3位 新高島駅 179万0000円/m2 591万7355円/坪 +14.22%
    4位 馬車道駅 140万9600円/m2 465万9834円/坪 +6.85%
    5位 新横浜駅 116万3666円/m2 384万6831円/坪 +4.43%

    1位の横浜駅と2位のみなとみらい駅は、基準地価の平均が横浜で最も高い西区にあります。駅の周辺には多くの商業施設があり、横浜で人気の観光スポットも近いです。

    横浜で不動産会社を選ぶときのポイント

    横浜で不動産会社を選ぶときは、次の点をチェックしましょう。

    • 規模と特徴
    • 手数料や費用
    • 店舗所在地
    • 担当者の人柄や知識量

    信頼できる不動産会社かどうかを見極めることが大切です。

    関連記事:不動産一括査定サイトおすすめランキング16選を比較!人気サイトの評判や選び方を解説【2023年最新】

    規模と特徴

    不動産会社には全国に支店を持つ大手と、横浜だけに店舗がある地域密着型の2種類があります。大手と地域密着型のメリット、デメリットは次のとおりです。

    規模 大手 地域密着型
    メリット ・店舗が多い
    ・知名度が高い
    ・地域の情報に詳しい
    ・親身に対応してもらえる
    デメリット ・予約が取りにくい
    ・担当者が異動する可能性がある
    ・地域外の情報は少ない
    ・キャンペーンやサービスが少ない

    不動産会社の規模によってメリットやデメリットが異なります。創業年数も信頼度をはかる基準になるので、どのくらい営業を続けているのかを知るために設立年月日も確認しておきましょう。

    関連記事:不動産売却するならどこがいい?大手と中小の違いや不動産会社のおすすめの選び方を解説

    手数料や費用

    不動産取引を依頼した場合、仲介手数料などの費用が発生する場合があるので、手数料などの具体的な金額は事前に把握しておくことが大切です。

    不動産売買では、仲介手数料は法律で決められた上限内であれば、不動産会社が自由に金額を設定することができます。料金体系が明確でない場合もあるので、契約する前に担当者から費用の説明を受けておくようにしましょう。

    店舗所在地

    横浜市は18の区に分かれているため、地域の詳しい情報を得るために所有している不動産があるエリアの店舗を選ぶことが大切です。

    区内に店舗がない場合は、不動産からできるだけ近い場所にある店舗を選択しましょう。地域に関する的確なアドバイスをもらうことができます。

    担当者の人柄や知識量

    不動産取引では担当者と打ち合わせをおこなう機会が多くなるため、担当者と相性が合うかどうかが重要なポイントとなります。

    会話をしていて不快な気分になる場合は、早急に担当者の変更を申し出るべきです。不動産取引に関する知識が豊富であれば的確なサポートが受けられるので、疑問に思ったことはすぐに相談するようにしましょう。

    横浜で注意したい不動産会社とのトラブル

    悪質な不動産会社を選んでしまった場合は、次のようなトラブルが発生する可能性があります。

    • 多額の手数料請求
    • 契約内容の相違
    • 広告の不当表示
    • 強引な営業

    トラブルを未然に防ぐために、契約する不動産会社は慎重に選択しましょう。

    関連記事:不動産会社の上手な断り方を紹介!例文やNGな断り方を解説

    多額の手数料請求

    不動産会社に成功報酬として渡す仲介手数料ですが、上限を超える金額が請求される場合があります。上限以上の金額が請求されるのは、通常の業務を超えるサービス利用があったときです。

    知らずにサービスを利用してしまうと手数料が高額になる恐れがあるので、事前に手数料を確認しておくことが大切です。

    関連記事:【2023年最新】不動産買取業者ランキングTOP10!特徴や選び方まで徹底解説

    契約内容の相違

    担当者が口で説明していたことと、契約書の内容が違うという事例も発生しています。

    契約書の内容を確認しないまま契約してしまうと後悔する可能性があるので、契約書の内容はしっかり確認することが大切です。

    広告の不当表示

    不動産の物件広告には、法律によりさまざまな取り決めがされていますが、担当者が把握していなかったり、ルール違反を黙認していたりする場合があります。

    不動産公正取引協議会では、広告に使用できないワードも公開されているので、不当な不動産広告には騙されないようにしましょう。

    強引な営業

    査定を依頼しただけなのに無理やり契約に結びつけようとする場合は、悪質な営業担当者の可能性が高いです。

    契約する気がない場合は、きっぱりと断ることが大切です。急かされて契約書にサインをしてしまうことは避けましょう。

    まとめ

    今回は横浜市で人気の高い不動産会社を7社紹介しました。どれも信頼度が高くて実績のあるおすすめの会社です。

    特徴やサービス内容を比較して、所有する不動産に適した不動産会社を選択しましょう。よく考えずに不動産会社を選んでしまうと、トラブルに巻き込まれる可能性があります。横浜で心から信頼できる不動産会社を見つけてください。

    TOPへ