24時間換気が必要な理由って? 「寒いから止めているんです」がダメな理由とは?

掃除・お手入れ

#メンテナンス#健康#冬#暮らし方#設備

野坂 昌弘2021.05.22

近年の住宅にはほぼすべて取り付けられている、24時間換気設備。家のなかにの空気を常に新鮮なものに保ってくれる一方で「冷たい外気が入ってきて寒いので、止めてしまっている」というオーナー様も見かけます。24時間換気が必要な理由、止めっぱなしにしたらどうなるのかに加え、必要なお手入れについてもご説明します。

1時間で室内の空気約半分を入れ替える24時間換気。止めっぱなしはカビ、結露の原因に

2003年の建築規準法改定によって、すべての住宅は24時間換気システムの設置が義務付けられています。24時間換気というのは窓を開けなくても室内の空気が強制的に入れ替わるシステム。強制換気システムとも言います。義務化された背景には、住宅の進化によって気密性が高まってきた一方で、シックハウス症候群が問題となったことなどがあります。

 

24時間換気は、外の空気を室内に取り入れる「給気」と、室内の空気を屋外に出す「排気」の機能を組み合わせで、次の3種類があります。

 

【第1種】

給気・排気とも機械(換気扇)で行う。

空気の流れ・量を調整しやすいが、コストが高い。

 

【第2種】

給気は機械(換気扇)で、排気は自然に行う。

クリーンルームなどのシステムで、一般家庭では使われない。

 

【第3種】

自然な力で給気を行い、排気は機械(換気扇)で行う。

ほとんどの一般住宅はこれ。コストは抑えられるが、外気の冷たさが気になるケースも。

 

ジョンソンホームズの住宅もほとんどが第3種。リビングや居室の壁などに取り付けられた給気口から自然に空気が入るようにして、台所や廊下、浴室天井の排気口からファンの力で空気を吸い込んで換気システム本体に集め、外へ出す、という仕組みになっています。

給気口の閉じっぱなしは、カビ、結露、笛鳴り音の原因に

給気口からは、内部のフィルターを通過した外気がそのまま入ってきます。ホコリなどはフィルターで取り除かれますが、冬には「寒さが気になる」とおっしゃるオーナー様が少なくありません。

給気口は開閉式になっているので、「寒い日の朝晩、北側の壁にある給気口を一時的に閉める」といった使い方をしても問題ありません。

けれど、日中気温が上がってきたら忘れずに必ず開けて給気の再開を。閉めっぱなしにすると、次のようなことが起こります。

 

☆空気がよどみ、結露がひどくなったり、カビが発生する原因となる。

☆給気口を閉めたまま排気が行われ続けると、室内の空気圧が下がるため、給気口で不快な「笛鳴り音」が発生する。

 

昔のアパートではよく「押し入れの奥でカビが発生した」といった事態が起こっていましたが、あれは24時間換気がなく、空気がよどんだために起こっていたことです。給気口を閉めたままで放置することはやめましょう。

給気フィルターのお手入れは掃除機がおすすめ。排気側フィルターの手入れも忘れずに

次に24時間換気システムに必要な手入れについて、見ていきましょう。

 

【給気側】

給気口内のフィルターの清掃が必要です。一般に「2、3か月に一度水洗いを」と言われますが、住宅の立地、風向きなどによって、汚れ具合は大きく異なります。給気口ごとに汚れ具合を見て、汚れていたら掃除を。水洗いによって縮んだりヨレたりすることもあるので、掃除機の使用がおすすめ。汚れがひどかったり、目詰まりが見られるようなら交換してください。

交換用のフィルターはネットで入手できるほか、製品によっては当社にも在庫があるので、ジョンソンホームズオーナー様はメンテナンス部門までお問い合わせください。自己責任とはなりますが、メーカー純正品以外の代替品やレンジフード用のシートを切って使う方法もあります。

 

【排気側】

天井の排気口内にはファン(換気扇)があるので、年に1回程度、掃除が必要です。台所のレンジフード同様、掃除をしなければモーターに負荷がかかり、「モーターの寿命が縮まる」「大きな音がする」といったことにつながります。

この「天井裏のドラム」については、メーカーによってお手入れの方法が異なります。ユーティリティの天井には約50㎝四方の点検口があり、そこに説明書きがあるのが一般的なので、一度確認してみてください。メーカー・機種によって、自分でできる場合と、専門業者への依頼が必要な場合とがあります。

ご自分で掃除する場合は、危険防止のため、必ず換気システムを停止し、掃除後、忘れずに運転を再開してください。

排気口かシステム本体のどちらかにフィルターがあるので、給気口フィルター同様に清掃をしましょう。

点検口を開けます。市販のドライバーでOK

このようなドラムが入っています

優しくほこりをとります。けっこうたまっています

以上のポイントに注意して24時間換気システムが正しく使えている場合でも、やはり時には窓を開けて新鮮な空気を直接取り込む時間を作るのがベター。

30分に1回、次のような換気を組み合わせれば安心です。

 

1.キッチンの換気扇を回す。

2.換気扇からできるだけ遠い位置にある窓を、5分程度、少し(5㎝程度)開ける。

 

適切な換気で、快適な暮らしの環境を維持して、健康な毎日を送ってくださいね。

おすすめの関連記事

夏場の換気で気を付けることはこちらをチェック。

▶︎ ウォークインクローゼットを除湿!気になる夏場の湿気を換気しよう

 

冬場の換気で気を付けることはこちら。

▶︎ 冬場の換気、どうしてますか。暖かい空気を逃さず、確実に空気を入れ換える方法とは?

 

冬場の結露が気になる方はこちら。

▶︎ 結露の原因とは?対策を知って冬に備えよう!

記事を書いた人
野坂 昌弘 ジョンソンホームズ メンテナンス部

子供と1日遊ぶと、正直仕事より疲れますが、それが私の日々のエネルギーになっています。

Topics

NEW

8/21

イベントあそぶ

夏の終わりに!親子ヨガ

要予約

8/21

イベントあそぶ

リアルに色付け☆クロワッサンマグネット

要予約

8/7

イベントあそぶ

おしゃれDIY☆アイアンラダーシェルフ作り

要予約

読み物あそぶ

ちょこっとドライブで磐渓へ! 新鮮野菜やワインを買っておうちBBQはいかが?

読み物あそぶ

ちょこっとドライブで南区のワイナリーへ。地元産ワインでおうち時間を楽しんで!

MAGAZINE/最新記事

読み物あそぶ

ちょこっとドライブで磐渓へ! 新鮮野菜やワインを買っておうちBBQはいかが?

読み物あそぶ

ちょこっとドライブで南区のワイナリーへ。地元産ワインでおうち時間を楽しんで!

読み物掃除・お手入れ

意外に難しい!家庭でできるロールスクリーンやプレーンシェードのお手入れは?

読み物生活

アリの種類は一つじゃない!家への侵入を防ぐ方法、効果的な退治方法とは?

読み物たべる

<第2弾>幸せ運ぶ贅沢スイーツ、インスタが話題の「幻」のケーキ

EVENT/最新情報

NEW

8/21

イベントあそぶ

夏の終わりに!親子ヨガ

要予約

8/21

イベントあそぶ

リアルに色付け☆クロワッサンマグネット

要予約

8/7

イベントあそぶ

おしゃれDIY☆アイアンラダーシェルフ作り

要予約

8/28

イベントあそぶ

夏のバルーン撮影会

要予約

8/1

イベントあそぶ

スイーツデコ体験【アメリカンポップなコールドカップ作り】

満席