家庭菜園のポイント、農家さんに聞きました

生活

#一戸建て#夏#庭#春#植物・野菜

はれ暮らし編集部2019.05.24

野菜の成長過程を楽しみ、収穫したてを味わう。家庭菜園の醍醐味ですね。

今回は札幌の農家さん、ファームまつもと・松本さんに、おうちでの野菜づくりのポイントを教えてもらいました。畑ライフにお役立てください。

苗の定植は暖かくなってから。5月上旬の定植なら風よけを

ホームセンターなどで野菜苗を入手し、5月上旬に畑に定植をと計画しているご家庭も多いと思います。ですが、そのころの札幌といえばまだ、寒さには油断できない時期。苗はあまり早い時期に購入しないほうが得策です。早く入手した場合は、ポット苗に水をあげて室内に置いておき、気温が上がり暖かくなってから定植を。根がボーボー伸びていたら“ポットから出して!”の合図です。

 

ちなみに5月上旬に定植する場合は、状況によっては、冷たい風と横風から苗を守る対策が必要です。そこで活躍するのがビニールの米袋。苗の周りにポールを4本立て、上下を切った米袋で囲えば“簡易風よけハウス”に。風よけを行うのは5月いっぱいが目安です。

ズッキーニ、トマト、キュウリ…。追肥、葉取りについて

豆やジャガイモを除いて、どの野菜も1回目の収穫を終えたら追肥を。粒状の鶏糞がよいでしょう。以後の追肥は約3週間の間隔で。ただし、与え過ぎは葉が異常に大きくなるなどの原因にも。肥料袋にある施用量を参考にしてください。

 

ズッキーニ、トマト、キュウリなどは枯れた下葉を取り除きます。特にズッキーニは葉がよく茂ります。葉を落として風通しをよくすることで病気の発生を防ぎ、また、葉に隠れた実を取り残すこともなくなります。

キュウリは葉が邪魔をして実が曲がることも。実の周りの葉を1枚2枚、落としてあげましょう。また、キュウリの成長にはたっぷりの水が必要です。雨が降らない日が続いたら水を与えてください。

アブラムシを見つけたら、牛乳を薄めて霧吹き

アブラムシが特につきやすいのはナス。天敵のてんとう虫が退治してくれますが、いないときは葉にアブラムシを見つけたら薄めた牛乳の霧吹きを試してみましょう。牛乳に含まれるたんぱく質がアブラムシの呼吸を妨げます。

最後に松本さんに聞いた、ズッキーのおすすめの食べ方を紹介します!

ズッキーニは“半乾き”がおいしい!

輪切りにして天日干しに。半乾き程度がおすすめです。冷蔵庫で2・3日もちます。半乾きの状態で焼くと、しっとりとしたズッキーニステーキに。

いちばん簡単な食べ方は、めんつゆを使った浅漬け。半乾きなら水分の出が少なく、味も染み込みやすくなります。

ファームまつもと

札幌市内にハウス、北広島市に畑があり、無化学肥料・無農薬で約80種の野菜をご夫妻で栽培。同ファームの野菜は、札幌市豊平区にある八紘学園農産物直売所で購入できます。

公式ホームページ
https://www.kitabeji.jp/

フェイスブックページ
https://www.facebook.com/kitabeji/

記事を書いた人
はれ暮らし編集部 ジョンソンホームズ

札幌の美味しい、楽しい、面白い、を日々追いかけています!すてきなスポットやイベントをご存じでしたらぜひ教えてください☆

Topics

たべる

夏のホームパーティに♪冷やしておいしいラタトゥイユの作り方【レシピ・動画】

#ごはん#レシピ#動画

たべる

休日の簡単男メシ ガパオライスの作り方【レシピ・動画】

#ごはん#レシピ#動画

あそぶ

[生の声]キャンプ好きが愛用している、おすすめ道具まとめ!

#アイテム#アウトドア#夏

あそぶ

2019夏休み子どもイベント開催!札幌、ザ・ジョンソンストアへ!

#おでかけ#キッズ#ショップ#ハンドメイド#夏

生活

軽くて丈夫!小樽っ子にはお馴染みのオリジナルランドセル「ナップランド」

#キッズ#ショップ#プレゼント#暮らし方

NEWPOSTS/最新記事

NEW

修理

【リフォーム事例】築23年の戸建て、屋根・外壁・ドアをリフォーム

#メンテナンス#リフォーム#一戸建て#外壁#屋根

たべる

夏のホームパーティに♪冷やしておいしいラタトゥイユの作り方【レシピ・動画】

#ごはん#レシピ#動画

たべる

休日の簡単男メシ ガパオライスの作り方【レシピ・動画】

#ごはん#レシピ#動画

掃除・お手入れ

子ども達の世代に残す、「環境」から考えた洗剤選び

#お手入れアイデア#お風呂#キッチン#トイレ#水回り#洗濯

生活

夏休みに親子でDIY!木製キッズチェアの作り方【動画】

#DIY#アイテム#ショップ#ハンドメイド#動画