ビタミン、鉄分、カルシウムで夏バテしない元気な体に|Pop Spoon 熊谷しのぶの《こどもとつくる最高のごはん時間》

たべる

#キッズ#ごはん・食べ物#レシピ#健康#夏

熊谷しのぶ2021.08.18

夏バテ、されていませんか?

北海道は避暑地とは言い難くなってきたここ数年、クーラーを慌てて取り付けたり

皆さんされているようですね。うちは息子2人が「アイス食べたい、スイカ食べたい、ゼリーだけでいい~」なんて言ってきて、困りながらも、そのセリフで夏を感じていました^~^:

夏はスイカ、アイス、清涼飲料水など糖質が多くなりますよね。息子たちに「またスイカ~?」といいながらも、しっかり一緒に食べていますし、小さなミニアイスならいいかなと思ってついついまた一緒に・・ですので気持ちはよくわかります。

ただ、糖質に偏ってしまうと体内のビタミンB1が不足し、エネルギーが作りにくい体になり、余計に疲れが重たーく、増して感じるのです。だるさを睡眠だけで治そうとしても×。バテないための栄養をしっかり補給し、回復させなければなりません。まずは、暑さからくるストレスで最初に奪われる「カルシウム・鉄分・ビタミンC・ビタミンA・ビタミンB1」の食材を探してください。

 

カルシウムにはやはり牛乳ですね。体内への吸収率がとても高いので効率的です。(お米を炊く際に、少しの牛乳を入れるのがさりげなく摂取もでき、牛乳の臭みも気にならないのでおすすめ)

鉄分はレバーや牛肉が強い。ビタミンCは夏野菜に多く、トマト、パプリカ、ピーマンなどなど。

ビタミンAはかぼちゃや枝豆など。そして特に夏バテに補充が必要なビタミンB1はにんにく!!(枝豆にもありますが) にんにくは本当に最強です。

血行促進し、体内の温度を上げる手助けをし、夏野菜や冷たいものを摂りすぎて冷えがちな体を温めてくれます。パワーを出す火種となり、香りも食欲アップ効果があるので夏場はどんどん加えてほしい食材です。

夏バテ = 疲れ ですので、疲れを取り除く効果の高いビタミンB1が一位でしょう。

にんにく、豚肉、枝豆、豆類。そして胃を労わってあげたいので、発酵食品や乳酸菌も入れてあげましょうね。

 

でも、真夏は長い時間キッチンに立ちたくありません。

うちでは、室内バーベキューのつもりで パプリカ、かぼちゃ、たまねぎ、にんにくたっぷり焼き野菜と豚肉、牛肉、レバーなど。トマトも焼きます。

あとは流しそうめん。洗うのが簡単なタイプでぴかぴかと光るものがあるのです。笑

その中に、ミニトマトや枝豆、茹でブロッコリーや茹でほうれん草などもそうめんとともに

くるくる流します。きゃーきゃー言いながら取って食べてくれるのでしめしめ♪と思いながら、夏に食べてもらいたい食材を楽しく流しています。

あとは、冷やしラーメンの具材ににんにくたっぷり効かせたポークソテーをのせ、レモン汁を少し絞って自由に具材をのせています。きゅうり、ハム、卵、焼き豚・・・という具材は皆無です。

カラフルな夏野菜と上記の肉類や豆など、のせたいものを飾りつけし、もりもり食べる。

麺より具が多いくらいがいいと思いますよ。

そして最後に夏バテしないもうひとつのポイント。

それは水です。人間の体の60%以上は水でできています。アイスコーヒーや炭酸飲料で喉は潤いますが、体はカラカラ渇ききったままですので、夏場は70%くらいまで満たしてあげるイメージをし、ちょこちょこ飲みをしてくださいね。

さぁ おいしい味覚の秋のために、バテている場合ではありませんよ♪胃腸を元気に保って備えましょう♪

夏バテ予防、赤ちゃんにはこんな離乳食を。「ひき肉とおかゆのかぼちゃスープ」

牛乳でカルシウム強化、赤身肉で体重増加を。肉のうまみで食が進みます。

 

材料(2〜3回分)

かぼちゃ…………80g
玉ねぎ………………20g
油………………………小さじ1
豚ひき肉(赤身)…80g
低脂肪牛乳…1/2カップ
水……………………1/2カップ
軟飯………………大さじ2
しょうゆ………小さじ1

 

作り方

(1) かぼちゃと玉ねぎを小さめの乱切りにし、油を熱したフライパンで炒める。野菜がしっとりしたら豚ひき肉を加えて火が通るまで炒める。
(2) 低脂肪牛乳と水を加え、ふたをして柔らかくなるまで煮る。
(3) (2)と軟飯、しょうゆをフードプロセッサーにかける。

コラム&レシピを提供してくれた熊谷しのぶさん主宰、Pop Spoonはこちら

子どもや大人の食を応援するイベントが盛り沢山!お料理教室の動画も好評販売中。毎回異なるテーマで体をつくる食事や食材のこと、子どもたちの成長を助ける食べ物の話、レシピの調理ポイントなどをお話されています。時間のない方も、自分の好きなタイミングで見られるのでとってもおすすめ。

記事を書いた人
熊谷しのぶ Pop Spoon 代表 マタニティフードアドバイザー / 栄養士

日本フードアドバイザー協会認定フードアドバイザー。離乳食・子ども向けメニューのレシピ研究・開発を続けており、過去10年間毎月離乳食ランチ会を産婦人科など道内各地で開催。企業とのコラボも多数。ジョンソンホームズのモデルハウスにて、以前Pop Spoon Cafeを運営していた。精力的に活動する5歳と7歳男児のママ。離乳食やキッズ食のレシピ本も出版しており、2021年9月に「すぃすぃ離乳食」を発売予定。https://pop-spoon.com/

Topics

NEW

9/4

イベントインテリア

コーディネーターが教える!簡単アート作り&インテリア相談会

要予約

9/18

イベントあそぶ

サボテンの寄せ植え作り

要予約

9/3

イベントあそぶ

秋色スワッグ

満席

読み物生活

カラダの中からキレイになる玄米糀!伊藤沙菜の美容の秘訣

9/17

イベントあそぶ

DIY教室「スツール」作り

要予約

MAGAZINE/最新記事

読み物生活

カラダの中からキレイになる玄米糀!伊藤沙菜の美容の秘訣

読み物家づくり

南幌町は住宅と子育ての助成金が充実!札幌近郊でのびのび豊かな暮らしを!

読み物インテリア

「トレンドカラー」って何? 住まいのインテリアに上手に取り入れる方法は?

読み物掃除・お手入れ

夏のお悩み、イヤ~なコバエ。発生させない対策、出てしまった時の退治法とは?

読み物たべる

スパイスの香りを食卓へ!|スパイス専門店メランジェの《おすすめ簡単スパイスレシピ》

EVENT/最新情報

NEW

9/4

イベントインテリア

コーディネーターが教える!簡単アート作り&インテリア相談会

要予約

9/18

イベントあそぶ

サボテンの寄せ植え作り

要予約

9/3

イベントあそぶ

秋色スワッグ

満席

9/17

イベントあそぶ

DIY教室「スツール」作り

要予約

8/27

イベントあそぶ

秋色の寄せ植え作り

満席