札幌にある愛犬と過ごせるカフェ5選!

たべる

#おでかけ#カフェ#ごはん#ペット

はれ暮らし編集部2019.06.05

お出かけが楽しみなこの季節、ワンちゃんを飼っている家庭なら「一緒にお出かけを楽しみたい!」と思うことも多いのでは。

そんな時におすすめ、犬連れでの来店にもフレンドリーで居心地よく、フードやドリンクにもこだわりがあって…。

そんなとっておきのカフェを5軒、ご紹介します。

【札幌の犬OKカフェその1】真心こめたイタリア伝統料理が味わえる「タベルナ・ラ・ピアッツア」(山鼻)

ソースやドレッシング類も手づくりで、シェフが真心込めて作ったイタリアの伝統料理が味わえるお店。

店名の「タベルナ」は気軽に食事ができる食堂、「ラ・ピアッツア」は広場、人が集まる場所を意味し、イタリアにも姉妹店があります。

建物はイタリアの農家をイメージしたという温かみのあるもので、よく手入れされた庭には緑の木々が生い茂って居心地抜群。

子どもでも座りやすいベンチシートも用意され、週末はファミリーも多く来店します。大人気のメニューは「手長エビのトマトクリームソースペンネ」(1404円)。

 

 

犬連れのお客さまは室内テラスの2卓(通年)と、オープンエアのテラス席3卓(冬季閉鎖)が使用可能。

犬以外のペットもOKで、ネコやウサギを連れて訪れる人もいるそうです。

ペット連れ来店(テラス席利用希望)の場合には、事前予約のうえ来店を。

 

※一部を除き写真はお店からの提供によるものです。

 

タベルナ・ラ・ピアッツア

札幌市中央区南23条西11丁目1-35

TEL. 011-563-7717

営業時間/平日は11:30~15:00(LO)、17:00~22:00。土・日・祝日は11:30~22:00

定休日/月曜(祝日の場合は翌火曜)

駐車場/7台

http://www.ristorante-piazza.com

【札幌の犬OKカフェその2】お洒落な〝ワンちゃんプレート〟も楽しみな「GAGNON CAFE」(桑園)

2017年の2月にオープンしたGAGNON CAFE(ギャニオン カフェ)。

カナダのケベック州出身のオーナーが営むメープルシロップ専門店で、店内は100年前のケベックの家をイメージした造りに。

物販コーナーでは、メープルシロップやメープル商品を取りそろえています。

 

カフェスペースでは、雑味なくミネラル豊富なケベック産メープルをふんだんに使ったカナダのソウルフードやスイーツを提供。

「長沼あいすの家」で作っているオリジナルのメープルソフトクリームも見逃せません。

「こもれびガーデン」の無添加ハーブソルト、栗山町・酒井農園の新鮮卵など、どのメニューにもこだわりを持って選び抜かれた良質の食材が使われています。

 

 

そんなGAGNON CAFEのテラス席では犬と一緒の食事が楽しめます。

鹿肉、お野菜テリーヌ、焼きリンゴの3品が載った犬用の「ワンちゃんプレート」の用意も! テラスは15席で通年オープン。

できる限り事前予約での来店がスムーズです。

 

なお、駐車場には犬用トイレも設置していて「席利用の前にはこちらで用を足して」とのこと。

こんなにも犬連れのお客さまへの配慮が行き届いているなんて、嬉しい限りですね。

ドッグフードの販売も行っています。

 

※写真はお店からの提供によるものです。

 

GAGNON CAFE(ギャニオン カフェ)

札幌市中央区北12条西16丁目1-20 渡辺ビル1階

TEL. 011-769-9912

営業時間/火~木・日曜11:00~18:00、金・土曜11:00~20:00

定休日/月曜日

駐車場/8台

http://www.gagnon-jp.com/

【札幌の犬OKカフェその3】本格的イタリアンを気軽にカジュアルに。「fianco a fianco」(山の手)

西区山の手の住宅街にあるfianco a fianco。店名には「寄り添う、傍にいる」という意味があります。

パスタ、ピッツァをはじめ前菜、魚料理、肉料理も種類豊富にそろい、本格的なイタリアンが楽しめます。

カフェドリンクのほか、ワイン、クラフトビールなど、こだわりある飲み物の数々も用意されています。

 

 

とはいえ、fianco a fiancoは決して堅苦しいお店ではありません。

「親しみを感じ、気軽に訪れていただけるように」と、かしこまらずアットホームな接客を心がけているそう。

 

小さなお子さんのいるファミリーも大歓迎で、客席片側をソファにし、いつお子さんが眠ってしまっても大丈夫なように配慮。

完全個室も用意されています。そして、この個室はペット同伴もOK。個室希望の場合は、事前予約での来店がベターです。

 

テイクアウトにも対応してもらえ、対応可能メニューはパスタソース、ラザーニア、煮込みのお肉料理、ピッツァ。

ご家庭やアウトドアなどで楽しむのも素敵ですね。

 

※写真はお店からの提供によるものです。

 

fianco a fianco(フィアンコ ア フィアンコ)

札幌市西区山の手3条4丁目1-33

TEL. 011-590-0862

営業時間/11:00~15:00(LO14:30)、17:00~22:00(LO21:30)

定休日/水曜日、年末年始。ほか臨時休業あり

駐車場/4台(満車の場合はスタッフにご相談を)

https://www.fianco-a-fianco.com

【札幌の犬OKカフェその4】長居必至のくつろぎ空間。本格ピザが楽しめるリノベカフェ「miitecafe」(美園)

初めて訪れた人はみんな「こんなところにこんなお店が!」と驚いてしまう、隠れ家のようお店です。

建物があるのは、国道36号北側路地裏。

代表の野月遼太郎さん自身で、築約50年の古民家をリノベーションしたものです。

野月さんは空間デザインの仕事に携わっていて、このmiitecafe(ミーテカフェ)も洗練された洒落た雰囲気でありながら、温かみある居心地のよい空間に仕上がっています。

「ミーテを訪れてくださったお客には、うんとくつろいで長居していただきたいと思っているんです」というのが、共同経営者である田坂耕平さんと野月さんの願い。

 

看板メニューは、500℃以上の窯で焼いた本格的なピザ。

道産小麦を使ったモチモチの生地に白石区の職人が作るチーズを組み合わせたマルゲリータEX(1700円)は特に人気の高い品です。箱代100円でテイクアウトもOK。

東京に住む野月さんの友人が自家焙煎したコーヒー、水出しのアイスコーヒーも味わい深く、ワイン(グラス400円、ボトル1900円~)をはじめとするアルコールも楽しめます。

 

 

犬連れの来店の場合も、テラス、室内とも利用OK。

店内では、犬仲間の貸切パーティーや「レトリバーの会」といった集まりにもよく利用されるそう。

貸切は8人以上で応相談。フード・ドリンクのオーダーがあれば、貸切料は不要だそうです。(※超大型犬同伴の場合は、出来る限り貸切でのご利用をお願いします)

 

今後はさらにフードメニューも充実予定で、さらに7月中には、小樽市花園3丁目に大正時代の2階建て建物をリノベした2号店がオープン予定。こらも楽しみですね。

 

※写真はお店からの提供によるものです。

 

miitecate(ミーテカフェ)

札幌市豊平区美園2条4丁目1-4

TEL. 090-2873-5585

営業時間/11:00~21:00

定休日/6月中は火曜日、7月からは火・水曜日。その他のお休みはSNSで確認、またはお問い合わせください。

駐車場/6台

https://www.facebook.com/%EF%BC%ADiitecafe-%E3%83%94%E3%82%B6%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%92%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7-1636735546350288/

【札幌の犬OKカフェその5】鴨々川沿いのテラス席も人気、「HIPPIES SAPPORO SUSUKINO」(豊水すすきの)

こちらも都会の隠れ家とでも言いたくなるような一軒です。

豊水すすきの駅(7番出口)すぐという立地にもかかわらず「ここがすすきの?」と思ってしまうほど、店の周辺は落ち着いた雰囲気。街なかの喧騒から遠ざかり、夏季には鴨々川を見下ろすテラス席も設けられ、まるで海辺のリゾート地にいるかのようにゆったりくつろいだ時間を過ごせます。

 

洒落たカウンター席やカップルシート用意され、大人空間なイメージもありますが、テラスだけではなく店内もペット連れOK。

犬連れオフ会や貸切パーティーでの利用も多いそうです。

 

 

ピザやパスタ、ガーリックシュリンプのアラカルトほか、さまざまな料理が楽しめるHIPPIES。

ランチ、ディナーともに1、2の人気を誇るのが生地もソースも自家製のピザです。

フレンチトーストをはじめとするスイーツや、世界各国のビール、種類豊富なカクテルも楽しめます。

 

なお、2号店となる屯田店もすすきの店同様、店内のペット同伴OK。

看板犬のゴールデンレトリバー「ビーチ」が出迎えてくれます。

こちらはキッズスペースもあり、子ども連れのお客さまに喜ばれています。

 

※写真はお店からの提供によるものです。

 

HIPPIES SAPPORO SUSUKINO(ヒッピーズ サッポロ ススキノ)

札幌市中央区南7条西2丁目 リバーサイドビル1階

TEL. 050-5346-5966

営業時間/11:00~15:00 (LO 14:00)、17:00~23:00 (フードLO 22:00、ドリンクLO 22:30)。土・日・祝日は 11:00~23:00(フードLO 22:00、ドリンクLO 22:30)

定休日/月曜(祝日の場合は翌火曜)

駐車場/なし

http://www.hippies-sapporo.com

 

 

※今回紹介したお店はすべて、いわゆる「ドッグカフェ」ではありません。一般のお客さまの迷惑にならないよう、マナーを守ってご訪問ください。また、特に記載がない限り、ペット用メニュー・食器などの用意はありません。水飲み容器は基本的に持参し、騒いだり、店周辺・店内での排泄などは厳禁です。

 

はれ暮らしでは他にも様々な札幌のお店情報を発信しています。ぜひチェックしてください!

記事を書いた人
はれ暮らし編集部 ジョンソンホームズ

札幌の美味しい、楽しい、面白い、を日々追いかけています!すてきなスポットやイベントをご存じでしたらぜひ教えてください☆

Topics

修理

【リフォーム事例】風雨に耐えた外壁を一新!生まれ変わったおうち3選

#リフォーム#一戸建て#外壁#屋根

家づくり

愛犬・愛猫と暮らす家が素敵![間取り・アイデア・工夫実例]

#ペット#マンション#一戸建て#中古住宅#内装#飾り方

掃除・お手入れ

私、この家事やめました! 家族も主婦も笑顔になれる、やめた家事のリアル

インテリア

おうちを見直そう。インテリアをつくる大きな要素とは?

#マンション#一戸建て#内装#飾り方

修理

【リフォーム事例】風除室設置で玄関からの吹き込み・騒音を軽減

#メンテナンス#リフォーム#一戸建て#冬#設備

NEWPOSTS/最新記事

修理

【リフォーム事例】風雨に耐えた外壁を一新!生まれ変わったおうち3選

#リフォーム#一戸建て#外壁#屋根

家づくり

愛犬・愛猫と暮らす家が素敵![間取り・アイデア・工夫実例]

#ペット#マンション#一戸建て#中古住宅#内装#飾り方

掃除・お手入れ

私、この家事やめました! 家族も主婦も笑顔になれる、やめた家事のリアル

家づくり

新築一戸建ての光熱費って、実際どれくらい?

#お金のこと#新築の家づくり

家づくり

安い土地の理由 思わぬ落とし穴とは

#物件・土地探し