サクランボ狩りが楽しめる仁木町「紅果園」。短い夏を存分に楽しみましょう!

あそぶ

#おでかけ#お土産#夏#暮らし方

はれ暮らし編集部2019.07.05

7月になりました!

短くて、あっという間に終わってしまうのが北海道の夏。

思いっきり楽しみたいですね。

そこでおすすめしたいのがサクランボ狩り。

6月下旬から8月上旬までという、わずかな期間だけのお楽しみです。

寒暖差の大きい仁木町で育つ、甘~くて安心・安全なサクランボ

国道5号沿い、JR余市駅から車で約20分、中央バス大江農協前停留所からなら徒歩約20分ほどの場所にある、観光農園&直売所「紅果園」。できるかぎり農薬を控え、見た目よりも、味、安全性を追求した「昔ながらの本物」を目指す栽培を行っています。

「冬の雪は多いけれど、夏暑く昼夜の寒暖差が大きいのが仁木町の気候。甘くて、色づきのよい農作物が育つんですよ」と話す園主、寒河江仁さんは4代目。明治末期に曾祖父・助太郎さんが山形県から入植し、農園を開いたそうです。

紅果園で栽培しているのは、サクランボのほか、ブルーベリー、ハスカップ、なし、りんご、もも、プラム、プルーンといった果樹、とうきび、水稲など。種類が多く、手間もかかりますが、「紅果園さんの味」を毎年楽しみにしている古くからのお客さんが多いため、栽培品目を減らすことはしないのだとか。

そんな紅果園で、初夏から夏にかけて楽しめるのがサクランボ狩り。6月下旬の早生品種、山形美人や花笠錦にはじまり約40種類、700本のサクランボが植えられています。今年のオープンは6月22日。例年になく生育が早く、早めのオープンだったそう。

入園料を支払って園内に入ると、時間無制限、全品種食べ放題! 8月上旬(予定)までの短い期間ながら、サクランボのほか、ベリー類、ハスカップも楽しめます。ハウスには雨除けのビニールがかかっているので、雨天時の心配もありません。

7月中旬以降はブルーベリー狩り、8月下旬にはブラックベリー狩りがスタートします。

毎年楽しみに待つ人も! 手間ひまかけて育てたとうきびやお米

直売所では、時期によって、甘みの強いトウモロコシ「恵味ゴールド」や半世紀以上にわたって守り続けている「昔とうきび」、「黒もちトウキビ」、根強いファンの多いお米の販売も。そのほか、ジャムやジュースといった加工品も手に入ります。地方発送にも対応OK。

寒河江さん夫妻の親切で気さくな接客も魅力の紅果園。余市まで延びた高速道路を利用すれば、札幌中心部からでもわずか1時間で訪れられます。夏のドライブがてら、出かけてみてはいかがでしょうか。

■峠のふもと 紅果園

余市郡仁木町大江3-118

電話:0135-33-5403

果物狩り営業時間:9:00頃~16:00頃。週1回程度平日休みあり。

※「サクランボと初夏のベリー摘み」入園基本料金(開催中~8月上旬予定)

中学生以上1000円、小学生800円、小学生未満500円

※ブルーベリー狩り、ブラックベリー狩りは別途の料金設定となります。

http://t-koukaen.com/

https://www.facebook.com/toukibikibikibi/

記事を書いた人
はれ暮らし編集部 ジョンソンホームズ

札幌の美味しい、楽しい、面白い、を日々追いかけています!すてきなスポットやイベントをご存じでしたらぜひ教えてください☆

Topics

修理

【リフォーム事例】風雨に耐えた外壁を一新!生まれ変わったおうち3選

#リフォーム#一戸建て#外壁#屋根

家づくり

愛犬・愛猫と暮らす家が素敵![間取り・アイデア・工夫実例]

#ペット#マンション#一戸建て#中古住宅#内装#飾り方

掃除・お手入れ

私、この家事やめました! 家族も主婦も笑顔になれる、やめた家事のリアル

インテリア

おうちを見直そう。インテリアをつくる大きな要素とは?

#マンション#一戸建て#内装#飾り方

修理

【リフォーム事例】風除室設置で玄関からの吹き込み・騒音を軽減

#メンテナンス#リフォーム#一戸建て#冬#設備

NEWPOSTS/最新記事

修理

【リフォーム事例】風雨に耐えた外壁を一新!生まれ変わったおうち3選

#リフォーム#一戸建て#外壁#屋根

家づくり

愛犬・愛猫と暮らす家が素敵![間取り・アイデア・工夫実例]

#ペット#マンション#一戸建て#中古住宅#内装#飾り方

掃除・お手入れ

私、この家事やめました! 家族も主婦も笑顔になれる、やめた家事のリアル

家づくり

新築一戸建ての光熱費って、実際どれくらい?

#お金のこと#新築の家づくり

家づくり

安い土地の理由 思わぬ落とし穴とは

#物件・土地探し