【2024年最新】マンション買取業者ランキングTOP10!失敗しない依頼先の選び方とは

マンション買取業者 ランキング

マンションの買取は、どの業者に依頼をしたらよいのでしょうか。適当に選んでいては引き渡しが終わったあとに、もっとよい条件のところが見つかり後悔するかもしれません。しかし、最寄りになくとも全国対応してくれるところはあり、ゼロから1社ずつ厳選するのは現実的ではないでしょう。

そこで本記事では、マンション買取業者をランキング形式でTOP10を紹介。各社がおすすめの人や選び方、マンション買い取りの基礎知識も解説します。ぜひ参考にして、自身にあった依頼先を見つけましょう。

マンションの売却価格を把握するなら「すむたす」がおすすめ

すむたすは不動産会社からの営業電話を受けることなく、オンライン上で査定結果を把握することのできるAI査定サービスです。希望する場合には買取や仲介の依頼をすることもできます。

すむたす

すむたすの特徴
  • AI査定で営業電話がかかってこない
  • 買取依頼で最短2日で現金化可能
  • 売却の相談ができるアドバイザー在籍

マンション買取業者ランキング比較表

全国のマンション買取業者の中で、マンションの年間販売戸数が多いTOP10社について、実績や対応エリアについて表でまとめました。

順位 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
会社名 レジデンシャル不動産 スター・マイカ・ホールディングス 大京穴吹不動産 インテリックス ホームネット フジ住宅 長谷工リアルエステート イーグランド リプライス カチタス
年間販売戸数 1673戸 1395戸 1235戸 1161戸 1076戸 1077戸 888戸 865戸 1718戸 5209戸
マンション戸数 1673戸 1395戸 1235戸 1152戸 1066戸 963戸 874戸 707戸 470戸 366戸
戸建て戸数 0戸 0戸 0戸 9戸 10戸 114戸 7戸 158戸 1248戸 4843戸
マンション比率  100%  100%  100%  99.22% 99.07%  89.42%  98.42%  81.73%  27.36%  7.03% 
対応エリア 全国 全国 全国 東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・札幌・仙台・名古屋・福岡 全国 大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山 首都圏・名古屋・関西・福岡 東京・神奈川・愛知・大阪・札幌 全国 全国
詳細
公式サイト

上記のランキングは、2023年7月31日にリフォーム新聞社が発表した、買取再販年間販売戸数ランキング2023の実績を元にしています。

マンション買取業者ランキングおすすめTOP10

それでは、マンション買取業者ランキングTOP10の業者について、1位からおすすめの人や特徴を解説していきます。気になった業者は公式ホームページもチェックしてみましょう。

1位:レジデンシャル不動産

画像出典元:レジデンシャル不動産公式ホームページ

レジデンシャル不動産がおすすめな人
  • 地域を熟知した人に査定してもらいたい人
  • 実績重視で買取業者を選びたい人
  • 買い取りを断られた経験がある人

レジデンシャル不動産の各支店の営業担当者は、地元出身者を主に採用しています。地域の特性を熟知している人が多く、根拠があり納得できる買取価格を提示してもらいやすいです。

2024年時点で12年程度と新しい業者ですが、急速に成長しており売上は10年で40倍以上、マンションの年間販売戸数では全国1位になるほど実績があります。

買い取ったマンションは、自社でリフォームや引き渡し後のアフターサービスまでおこない、付加価値を高めています。

会社名 株式会社レジデンシャル不動産
年間販売戸数 1673戸
マンション戸数 1673戸
戸建て戸数 0戸
マンション比率 100%
対応エリア 全国
対応物件 マンション
\地域を熟知した担当が査定/

2位:スター・マイカ・ホールディングス

画像出典元:スター・マイカ・ホールディングス公式ホームページ

スター・マイカ・ホールディングスがおすすめな人
  • 高価買取してくれる業者を探している人
  • 物件が古く買い取ってもらえるか不安な人
  • マンションに愛着が残っている人

スター・マイカ・ホールディングスでは、18万件以上の実績に基づく、独自のデーターベスで精度の高い査定を実施。利用者の9割が、簡易査定より高額での買取実績があります。

買い取り物件の約74%は築20年超えのため、築年数が経ち状態が悪いマンションであっても相談をしやすいです。迷ったら査定を受けてみましょう。想定より価値があるかもしれません。

リースバックにも対応しているため、現金化したいがマンションに愛着が残っている場合は、賃料を支払って住み続けられます。リースバックには、老後のマンションを処分する手間から解放されるなどのメリットがあります。

会社名 スター・マイカ株式会社
年間販売戸数 1395戸
マンション戸数 1395戸
戸建て戸数 0戸
マンション比率 100%
対応エリア 全国
対応物件 マンション
\高額で買い取りしてもらいたい/

3位:大京穴吹不動産

画像出典元:大京穴吹不動産公式ホームページ

大京穴吹不動産がおすすめな人
  • 仲介での売却を諦められない人
  • 家の不要な家具が残ったままの人
  • マンションの築年数が耐用年数超えの人

大京穴吹不動産は、買取保証のサービスを提供しており、一定期間は仲介の相場価格で売却できる可能性があります。もし仲介で売却できれば、想定より多くお金を手元に残せるでしょう。

引き渡しは現状のままで問題ないため、相続したマンションなどで不要な家具が残っていても、自身で処分する必要はありません。目立つ汚れがあってもクリーニングも不要です。

また、大京穴吹不動産の買取条件は築年数での制限がありません。法定耐用年数の47年を過ぎていても、気にせず査定を受けてみましょう。早ければ1週間で現金化できます。

会社名 株式会社大京穴吹不動産
年間販売戸数 1235戸
マンション戸数 1235戸
戸建て戸数 0戸
マンション比率 100%
対応エリア 全国
対応物件 マンション
\マンションをそのまま引き渡す/

4位:インテリックス

画像出典元:インテリックス公式ホームページ

インテリックスがおすすめな人
  • 近所の知りたいに売却を知られたくない人
  • 新居をじっくり選びたい人
  • 手放したいマンションが大都市圏にある人

インテリックスの買い取りでは、現地査定は1度しかおこなわれず、時間帯も自身の都合に合わせてくれます。そのため、近所のマンション住民に売却を知られるリスクは低く、ひっそりと引越しが可能です。

引き渡し時期の融通もきき、決済から最長で2週間は引き延ばしてくれます。買い替え先が予定通りに見つからなくとも、慌てず厳選を続けられるでしょう。仮住まいが不要になると、引越し費用の節約もできます。

インテリックスの対応エリアは、東京や大阪、札幌、仙台、福岡など全国の大都市圏です。最寄りの支店で相談してみましょう。

会社名 株式会社インテリックス
年間販売戸数 1161戸
マンション戸数 1152戸
戸建て戸数 9戸
マンション比率 99.22%
対応エリア 東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・札幌・仙台・名古屋・福岡
対応物件 戸建て・マンション
\プライバシー厳守で引き渡し/

5位:ホームネット

画像出典元:ホームネット公式ホームページ

ホームネットがおすすめな人
  • ニーズのない間取りのマンションを売却したい人
  • 納得できる査定額を提示してもらいたい人
  • 引き渡したマンションを長く使ってもらいたい人

ホームネットでは、買い取ったマンションの間取りを変更するなど、売却するための付加価値を高めています。現代ではニーズのない古い間取りで、査定額に納得できなかった人も、高く評価してもらえるかもしれません。

年間の査定件数は増加の一途で、2022年11期では2万件を超えています。日々ノウハウが蓄積されているため、査定の根拠も信頼できるでしょう。

買い取ったマンションを購入した人向けに、10年間の設備保証を付けています。これまで住んでいて愛着があるマンションを、新しい入居者にも長く使ってもらいやすくなっています。

会社名 株式会社ホームネット
年間販売戸数 1076戸
マンション戸数 1066戸
戸建て戸数 10戸
マンション比率 99.07%
対応エリア 全国
対応物件 戸建て・マンション
\年間2万超えの査定実績/

6位:フジ住宅

画像出典元:フジ住宅公式ホームページ

フジ住宅がおすすめな人
  • 関西地方にあるマンションを手放したい人
  • 査定額を複数社で比較予定の人
  • 引き渡しまでの手続きを簡略化したい人

フジ住宅の対応エリアは、大阪や兵庫など関西地方に特化しています。地元密着のため、他社では見いだせなかった価値を評価してくれるかもしれません。

タイミングによりますが、査定を受けるだけでQUOカードなどをもらえるキャンペーンが開催されていることがあります。査定は無料のため、他社と比較するため候補に入れておきましょう。

フジ住宅の買い取りサポートには、引越しの手続きや荷物の処分も含まれています。引き渡しまでに個別の業者を手配する手間が省け、想定より早く新居で生活を始められるでしょう。

会社名 フジ住宅株式会社
年間販売戸数 1077戸
マンション戸数 963戸
戸建て戸数 114戸
マンション比率 89.42%
対応エリア 大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山
対応物件 戸建て・マンション
\関西地方でマンションの買い取り/

7位:長谷工リアルエステート

画像出典元:長谷工リアルエステート公式ホームページ

長谷工リアルエステートがおすすめな人
  • 引き渡し後の税金が不安な人
  • 長谷エリアルエステートと取引実績がある人
  • 買い取りを迷っている人

長谷工リアルエステートでは、無料の税務相談を利用できます。税理士が電話で答えてくれるので、積極的に活用しましょう。

過去にマンションを購入したなど、長谷エリアルエステートとの取引実績があると、お得に買い取りや仲介での売却を進められます。買い取りでは5万円プレゼント、仲介での売却では仲介手数料10%オフです。グループ会社が運営する有料老人ホーム利用者も対象となっています。

また、住まいレージというポイントサービスがあります。貯めたポイントはリノベーションやマンション購入、リフォームなどに使えます。

会社名 株式会社長谷工リアルエステート
年間販売戸数 888戸
マンション戸数 874戸
戸建て戸数 7戸
マンション比率 98.42%
対応エリア 首都圏・名古屋・関西・福岡
対応物件 戸建て・マンション
\無料の税務相談/

8位:イーグランド

画像出典元:イーグランド公式ホームページ

イーグランドがおすすめな人
  • ローンの返済が滞っている人
  • マンションの資産価値が高くない人
  • マンションが首都圏にある人

イーグランドは、任意売却をする人からの仕入れに力を入れています。ローンを滞納しており、対応に困っている人は相談してみるとよいでしょう。

イーグランドで販売中の物件は、仕入れコストを抑えてリフォームをおこない、付加価値をつけて販売されている物件が多いようです。

支店は愛知や大阪、札幌にもありますが、東京の新宿から事業を拡大している業者です。首都圏にあるマンションであれば、地域を熟知しており買い取りをスムーズに進めてもらえるでしょう。

会社名 株式会社イーグランド
年間販売戸数 865戸
マンション戸数 707戸
戸建て戸数 158戸
マンション比率 81.73%
対応エリア 東京・神奈川・愛知・大阪・札幌
対応物件 戸建て・マンション
\マンションの任意売却を検討中/

9位:リプライス

画像出典元:リプライス公式ホームページ

リプライスがおすすめな人
  • 買い取りは信頼できる大手業者を利用したい人
  • 早く査定額を知りたい
  • マンションの内装の傷みが気になる人

リプライスは、設立から25年以上経ち、買取業界で実績があるカチタスのグループ会社です。東証プライム市場上場しており、大手の買取業者を利用したい人にとっては、外せない候補でしょう。

相談すると、査定であれば24時間以内に対応してもらえます。現金化を急いでいる、査定額だけでもすぐに知りたいならば、問い合わせてみてください。

買い取りをしたマンションは、リプライスがリフォームをして顧客に再販しています。マンションの内装に目立つ傷があり買い取ってもらえるか不安な場合でも、問題はありません。

会社名 株式会社リプライス
年間販売戸数 1718戸
マンション戸数 470戸
戸建て戸数 1248戸
マンション比率 27.36
対応エリア 全国
対応物件 戸建て・マンション
\取引を早く進めたい/

10位:カチタス

画像出典元:カチタス公式ホームページ

カチタスがおすすめな人
  • マンションの最寄りで買取業者を探したい人
  • 手放すマンションが遠方の人
  • 初めての不動産売却で不安な人

カチタスは、年間販売戸数であれば2023年はTOPなだけあり、全国に展開している支店の数も多いです。100以上あるので、マンションの最寄りでも見つかりやすく、対面で気軽に相談できるでしょう。

買い取りの査定では、自身が現地に行く必要がありません。鍵を預ければ内装までチェックしてくれ、相続した遠方のマンションなどの買い取りをする際、無駄な出費や手間を抑えられます。

買い取りまでに必要になる書類は、カチタスが用意してくれます。引き渡しまでのスケジュールも希望を最優先してくれるので、不安なく手続きを進めることが可能でしょう。

会社名 株式会社カチタス
年間販売戸数 5209戸
マンション戸数 366戸
戸建て戸数 4843戸
マンション比率 7.03%
対応エリア 全国
対応物件 戸建て・マンション
\現地まで行かずに査定/

マンション買取業者の依頼先の選び方

ここまでマンションの年間販売戸数を元に、ランキングで買取業者を紹介してきました。おすすめの買い取り業者のなかから、さらに自身に最適なところを厳選するため、次の3つの基準で選びましょう。

  • 不動産買い取りに関わる提供サービス
  • マンション買取実績の多さ
  • マンションの買取価格の高さ

それぞれ詳しく解説していきます。

不動産買い取りに関わる提供サービス

マンション買取業者では、依頼先によって提供されているサービスが異なります。主なサービスは以下のとおりです。

  • 買取保証:一定期間は仲介での売却ができる
  • 残置物の処理:残置物をマンション買取業者側が処理
  • 引き渡しの猶予:引き渡し時期を延ばして新居を探す期間を確保
  • 税務相談:買い取りで得るお金にかかる税金の無料相談
  • リースバック:引き渡した物件に家賃を支払って住める

これらのサービスを利用すると、想定より高く売却できたり、引き渡しまでにかかる費用の節約ができたりします自身の現状を踏まえ、引き渡しまでに役立つサービスがあるのかチェックしておきましょう。

マンション買取実績の多さ

どれだけマンション買取についてノウハウがあるかは、実績の多さで変わってきます。レジデンシャル不動産やスター・マイカ・ホールディングスように、マンションに特化して実績もあれば、提示される買取価格の根拠にも信憑性が増すでしょう。

また、同程度の実績でも、特定のエリアや価格帯、任意売却中の物件がメインなど、得意分野で違いがでてきます。所有するマンションの特性を理解してから比較してみてください。

マンションの買取価格の高さ

買取では、相場より極端に高額な査定額を提示してきても、その額で引き取ってもらえます。少しでも損をしないため、複数社で比較して上記で紹介したサービスなども踏まえて、高額なところを選びましょう。

どのマンション買取業者でも、簡易査定や訪問査定は無料です。少しでも気になったところがあれば、依頼を出してください。

個別に査定依頼を出す手間を省きたい人は、不動産買取の一括査定サイトを利用しましょう。こちらも利用は無料で、1度の情報入力で複数社に査定依頼を出せます。

不動産買取の一括査定サイトについて詳しく知りたい人は、次の記事が参考になります。

関連記事:不動産一括査定サイトおすすめランキング16選を比較【2024年】売却の体験談を掲載!人気サイトの評判や選び方も

マンション買い取りに関する基礎知識

マンション買取業者に査定を依頼する前に、基礎知識として次の3つを解説します。

  • マンション買い取りとは
  • マンション買い取りのメリット・デメリット
  • マンション買い取りの流れ

本当にマンションを手放す方法は、買い取りでよいのか判断する材料にしてください。

マンション買い取りとは

マンション買い取りとは、不動産を売買する方法の1つで、物件は買取業者が引き取ります。仲介での売却と違い、売り主を探す必要はなく提示された価格に納得できれば、すぐに引渡せます。

買取業者は、買い取った物件にリフォームやリノベーションを施し、付加価値を高めて、買い主や他の不動産会社へ売却して利益を得ます。どこまでの物件に対応できるかは買取業者によって異なり、土地や店舗などを引き取ってくれるところもあります。

マンション買い取りのメリット・デメリット

マンション買い取りでは、次のメリット・デメリットがあります。

メリット デメリット
・現金化までの期間の短さ
・現状引渡しが可能
・内覧の対応が不要
・引き渡し後の不具合の責任なし
・仲介での市場価格より安い
・対応可能な業者の少なさ

現金化までは、買い主を探す必要がないため期間が短く、最短1日を公言している買取業者もいます。相続したマンションなどで残置物が多い家では、現状引渡しが可能な買い取りは、処理の手間とかかる費用の節約につながります。

実際に建物の内装を見るのは、買取業者が査定をするときだけで、仲介の時のように内覧はありません。不具合の責任に関しては、買取業者が対応するので、どれだけ築年数が経ち設備などに不安があるマンションでも安心できるでしょう。

デメリットである売却価格の安さは、仲介の市場価格より2~3割引きが目安です。買取業者は、リフォームなど手を加えて市場価格で販売し利益を得るため、安くなります。業者の少なさは、地域によって偏りがあります。

実際にマンションを買い取ってもらう場合は、とくに買取価格に注意してください。ローンが残っている物件では、オーバーローンで不足分を自己負担する可能性が高まります。

マンション買い取りの流れ

マンション買い取りの査定から確定申告までの流れは、次の5ステップです。

  1. 買い取りの査定依頼
  2. 買い取りの正式な依頼先の検討
  3. マンション買取業者と売買契約
  4. 決済をしてマンションの引渡し
  5. 確定申告

急げば引渡しまで数日で可能ですが、売買契約を交わしてしまうと、簡単にキャンセルはできません。依頼先で100万円以上価格が変わることがあるので、慎重に検討をしてください。また、遠方のマンションで自身は現地に行かず、鍵を預けて内装の査定をしてもらうと、さらに引渡しまでの期間はかかります。1ヵ月程度は見積もっておきましょう。

確定申告は、引渡しをした翌年の2月16日から3月15日頃です。取得費や引渡しまでの諸費用を差し引いて利益がでるなら書類の提出が必要です。忘れていると罰則があるので、事前に確定申告が必要なのかどうか、マンション買取業者の担当と話し合っておくとミスを減らせます。

【Q&A】マンション買取業者の疑問

最後に、マンション買取業者の利用でよくある、次の疑問について解説します。

  • マンション買取業者の利用に向いている人は?
  • ローンが残るマンションでも買い取りはできる?
  • 買取価格の値上げ交渉は可能か?

不安なく手続きを進めるため、疑問は些細なことでも解消しておきましょう。

マンション買取業者の利用に向いている人は?

マンション買取業者の利用は、上記で紹介してきた各業者の特徴や買い取り自体のメリット・デメリットから、次の人に向いています。

  • 仲介での売却が困難な人
  • マンションが訳あり物件の人
  • 現金化を急いでいる人
  • マンションの築年数が経っている人

すでにローンを完済しているマンションでも、所有しているだけで維持費はかかり続けます。現金化してしまえば管理の手間がなくなります。

もし仲介での売却を一度も試していないならば、いきなり買い取りを決断するのは待ってください。自身では売却が難しいと思っているマンションでも、すぐに買い主が見つかる可能性はあります。買取保証などがあるので、仲介を挑戦せずに引き渡してしまうのは、市場価格の2~3割を得られるチャンスを捨てるのと同義です。

ローンが残るマンションでも買い取りはできる?

ローンが残っていても、買取価格や自己資金の補填で完済できるなら、マンションを買い取ってもらえます。抵当権は融資を受けた金融機関が持っているので、査定を受けてから買い取りを依頼してもよいか相談してください。

自身が居住しているマンションの買い取りで、新居を購入予定であれば、住み替えローンで不足分を補う方法もあります。融資額が増えて審査の難易度は高くなりますが、マンションの現金化は進められます。

買取価格の値上げ交渉は可能か?

マンション買取業者と売買契約を結ぶ前であれば、買い取り価格の値上げ交渉は可能です。不動産の価格は市場のニーズで決まり、定価はないので希望の額を目指してみましょう。

交渉する際は、担当を納得させられるよう買取価格の相場を調べ、マンションのよさをアピールしてください。マンション買取業者は自社のノウハウに沿って査定しているので、それを覆す根拠を示す必要があります。

まとめ

マンション買取業者のおすすめを、年間の実績を元にランキングで10社紹介しました気になった買取業者には、査定依頼を出してみましょう。売買契約を結ぶまで費用は発生しません。

実際の買い取りの依頼先は、サポートの充実度や買取価格の高さが重要です。1社しか調べていないと安く引き渡してしまう可能性があるため、他社とも価格を比較してから契約を結ぶとよいでしょう。

TOPへ