素敵なお部屋づくりのための第一歩。「物を減らす」方法は?

インテリア

#収納#暮らし方#飾り方

植村 直美2019.08.24

いつでもお客様を呼べる素敵なお部屋に憧れて、お店で見つけたお洒落グッズを即買い…という経験のある方も多いはず。けれどもおうちに帰って飾ろうとしたら、うまく飾れずよけいに雑然とした印象になってしまってガッカリ、という経験までセットで付いてきてしまったという方もいるのではないでしょうか。

そうならないためにもまず、最初にすべきことは家にある物を減らし、すっきりと片付いたシンプルな空間づくりをすること。「分かってはいるけれど、でもそれがなかなか…」という方のために、無理なく物を減らし、片付けるためのコツをお伝えしますね。

物を減らすためには、まず物を3つに分けることからスタート

こんにちは、インテリアコーディネーターの植村です。お洒落な部屋にするための第一歩はまず物を減らして、すっきりした空間を作ること。インテリアを素敵にしたいけれどうまくいかない、というご家庭のほとんどは、物が多すぎるのではないかというのが私の印象です。

とは言うものの「それはよく分かっているのだけれど、どうしても物が減らせない」という声をよく聞きます。物が減らない(=捨てられない)理由とは、なんでしょう。自分のハートの声に耳を傾けながらよく考えてみると、そこにあるのは、その人ならではのこだわりであったり、執着、思い入れといった感情ですよね。

 

このような時に、私がおすすめしているのは、物を次の3つに分けることです。

1.よく使う物

2.捨てられないけれど、使用頻度の少ない物

3.捨てる物

 

これは雑貨、洋服・古着、おもちゃ、食品など、どんな物にも当てはまります。分けることができたら「3.捨てる物」は捨てましょう。リサイクルショップに持って行ける物ならば、もちろんそれもOKです。

 

捨てる、捨てないの線引きに迷う物は、とりあえず「2」へ。

ただし、レトルト食品、使用頻度の少ない調味料類など「ちょっと賞味期限は切れているけれど、まだ大丈夫なはず…」という物は潔く「捨てる」に分類することをおすすめします。長期保存可能な食品は、少々賞味期限を過ぎても害にはならない場合がほとんど。とはいえ、どこかで「線引き」は必要です。それならば、賞味期限をラインにきっぱりと処分するのが一番分かりやすく、自分自身も納得しやすいのではないでしょうか。

「捨てられないけれど、使用頻度の少ない物」の扱い方が大きなカギに!

次にすることは「2.捨てられないけれど、使用頻度の少ない物」をボックスや納戸など、普段の生活の中心となる場から少し離れた場所にまとめること。使用頻度の少ない物をリビングから遠ざけるだけで、リビングはだいぶすっきりした印象になるはずです。

そしてこの「捨てられなかった物」ですが、その中に、その後1、2年たっても一度も使わない物があれば、処分してはいかがでしょうか。

例えば、気に入っていて、取っておきたい雑誌があったとします。どんなに気に入っているからと言って、毎週何回も開いてみることはあまりしませんよね。それならば、リビングのテレビ横などの取り出しやすい、いわば「特等席」に置くのは合理的ではありません。収納場所は、納戸か目に着きにくいボックスの中でも構わないはずです。そこに入れておいて、もし1、2年手に取ることがないのであれば、その時は捨てるか売るかしてしまいましょう、というのが、私からの提案なのです。

片付けは1回15分程度に。「15分でできること」を考えて、日々の積み重ねを

片付けをする時の手順として「まず持っている物をすべて出してみて、自分が持っている物の多さを把握し、要らない物を処分しましょう」というアドバイスを見かけることがあります。

それでうまく行ったという話を聞くことももちろんありますが、それ以上に多く聞くのが

「あまりに物が多くて途中でイヤになってしまい、結局、どこか空いている場所に詰め込んで終わってしまいました」という声…。はい、人というのは空いている場所があると物を詰めて埋めたくなる心理を持つ生き物なんです。

そこで私がおすすめしているのが「15分で出来そうな作業」の見当をつけ、その日はその作業だけをする、という方法です。

例えば15分で出来そうな作業には、こんな作業が考えられます。

  • 今日はこの棚の1段だけを片付けよう。
  • 全部は出さずに、棚やシェルフから、使用頻度の少ない物・捨てる物を間引く作業をしよう。
  • キッチン下の収納庫を見直し、賞味期限切れの物を処分しよう。
  • カトラリーを分類し直そう。

15分と時間を区切ることで「なかなか終わらなくてイヤになってしまう」現象を防ぐことができるのと、日々継続的に作業を続けることで、片付けに対する意識を高めていく効果もあります。

物の「定位置」を決め「元に戻す作業」まで循環することを忘れずに

物の量とは別に、使った後に「戻す」ことをしなければ、当然部屋は雑然とした印象になります。物を使うサイクルは「出す→使う→戻す」。この3つのアクションの循環です。当たり前のようですが、次の2点はぜひ意識してほしいポイントに。

  • 定位置を決める。
  • 使った後は戻す。

「定位置」はそれぞれの物の指定席、つまり置き場所です。家族、子どもが片付けに協力してくれない、と嘆く方に話をよくお話を聞くと「定位置が決まっていない」「家族が定位置を知らない」「定位置が合理的な場所にない」といったケースがあります。

定位置の合理的な場所、というのは、使用頻度や使う人に合った取り出しやすさ、戻しやすさがあるかどうかがポイントになります。収納の美しさを考えるあまりに、取り出したり、戻したりが面倒では長続きしません。特に、継続的に家族の協力を得るのは難しいはず。

片付けに家族の協力は欠かせません。定位置問題を解決し、協力が得られるようにしていけるとよいですね。

部屋が片付くことで得られるこんなイイコト。意識することで、片付けがより楽しく!

ところで、部屋が片付くとどんなメリットがあるのでしょう。実は予想以上に多いのです。私が以前「インゾーネの家のブログ」(https://www.inzone-ie.jp/blog/staff/uemura/201907061118.html)で挙げたメリットを転載しますね。これらを意識することで、モチベーションがグンと上がり片付けがいっそう楽しくなりますよ。

 

★整理収納されたとき見えたもの

片付いた部屋がキープされると・・

1、探し物がゼロになる

2、無駄な生活費が減る

3、家族とコミュニケーションがとれる

4、友人が家に呼べる

5、家族が自立する

6、家事が楽になる

7、掃除がしやすく清潔な環境が保たれる

8、家にいる時間の楽しさを味わえる

9、スペースを有効活用できる

10、身も心も軽くなりモチベーションアップ

 

次回は、スッキリと統一感のあるお部屋にするために、自分が好きなテイストや方向性を確認し、そろえる物を選んでいく方法についてお話したいと思います。

記事を書いた人
植村 直美 ジョンソンホームズ  インテリアコーディネート部

コーディネーター20年の経験を生かしながら、住む人に素敵な空間の中でライフタイルを楽しんでいただけるコーディネートをお届けしていきたいと思っております。

Topics

NEW

修理

【リフォーム事例】お家全体に内窓を設置して快適な室内に

#メンテナンス#リフォーム#一戸建て#冬#設備

たべる

音楽とごはんは最高の友!BGMで楽しく演出してみましょう|Pop Spoon 熊谷しのぶの《こどもとつくる最高のごはん時間》

#キッズ#ごはん

たべる

子どもが遊べる! お子さん連れ大歓迎の札幌カフェ5選 <前編>

#おでかけ#カフェ#キッズ#ごはん#スイーツ

掃除・お手入れ

間もなくやって来る冬に備えて。除雪・排雪にはどんな方法があるの?

#一戸建て#冬#庭#暮らし方

掃除・お手入れ

春の訪れが楽しみに! お庭の冬支度、やることリスト

#お手入れアイデア#一戸建て#冬#庭#暮らし方#植物・野菜#秋

NEWPOSTS/最新記事

NEW

修理

【リフォーム事例】お家全体に内窓を設置して快適な室内に

#メンテナンス#リフォーム#一戸建て#冬#設備

たべる

音楽とごはんは最高の友!BGMで楽しく演出してみましょう|Pop Spoon 熊谷しのぶの《こどもとつくる最高のごはん時間》

#キッズ#ごはん

たべる

子どもが遊べる! お子さん連れ大歓迎の札幌カフェ5選 <後編>

#おでかけ#カフェ#キッズ#ごはん#スイーツ

たべる

子どもが遊べる! お子さん連れ大歓迎の札幌カフェ5選 <前編>

#おでかけ#カフェ#キッズ#ごはん#スイーツ

掃除・お手入れ

間もなくやって来る冬に備えて。除雪・排雪にはどんな方法があるの?

#一戸建て#冬#庭#暮らし方