家を建てる前に知りたい! 「間取り」検討の体験談をオーナー様に聞きました

生活

#キッチン#マンション#一戸建て#内装#暮らし方#設備

中澤 理恵2019.03.08

「家作りを考え始めたけれど、どこからどう考えればいいのかよくわからない。家の形は? 収納位置は? 部屋は人数分あったほうがいいの?」などなど、お悩みの声をよく耳にします。

この先何十年も住むことになる大切な家、失敗はしたくないものですよね。実際に家を建てられたオーナー様に「建てる前にここに注意しておけばよかった」と思う、体験談をうかがってみました。

先入観にとらわれず「どう暮らしたいか」を自由に考えてみましょう

唐突なようですが「平成」も残りわずかとなりました。振り返ってみれば、この平成の間に私たちの生活は大きく変わってきました。共働きの家庭が増え、親も子どもも一人ひとりが自立するなど家庭のあり方も変わってきたように思います。

それにともなって、住まいのありかたも変わるのが当然。家を建てる時に、これまでに見たり住んだ家の間取りを参考にするのも大切ですが、先入観をすべて捨てて「どんな暮らしをしたいか」を考え直してみることも必要かもしれません。

「絶対に失敗したくない」。そのためにもオーナー様の生の声を参考に!

では、実際にすでに家を建てたオーナー様は、マイホームの間取りにどんな反省点や感想を持っているでしょうか。

これまでに聞かせていただいた声を紹介します。

【洗濯物の収納について】

  • 主寝室の隣にファミリークローゼットを作り、家族全員の服をそこに置くようにしました。洗濯が済んだ洋服を、一人ひとりの部屋に届けなくて済むので楽です。
  • 洗濯機置き場・洗濯干し場の横(1階)にファミリークローゼットを作りました。洗濯後の動線が短く、また浴室も1階なので入浴前に着替えを取りに行くのも楽で気に入っています。
  • リビングに洗濯物を干すのがイヤで「ホスクリーン」という室内用の物干し竿を設置しましたが、これがとても便利!
    来客時に洗濯物が増えても余裕で干せるし、普段は洗濯物が見えないからストレスが激減。気持ちよく過ごせます。「洗濯物を干す場所」を考えるのは、つい後回しにしてしまいがちですが、子どもがいたりして洗濯物が多い家庭では特に、絶対に先に考えておいたほうがいいと思います。

後回しにしがちな洗濯物のこと。実は、けっこうストレスになる部分です。せっかく新居に住まうのなら、見た目だけでなく、使い勝手の部分にも気を配りたいですよね。

【キッチン・ダイニング】

 

  • キッチンでハンドミキサーなどを使うための、手元のコンセント。ここに気が回りませんでした。ダイニングでホットプレートを使うときも、コンセントが遠くて。携帯の充電もキッチンでしたいけど、これもコンセント不足。面倒がらず、普段自分が使う場面をイメージして間取りや配線に反映させればよかった、と反省です。
  • ダイニングテーブルの上にダウンライトをつけましたが、住み始めてからテーブルを動かしたので、場所がずれてしまいました。レイアウトを変更する可能性のあるところは、照明も動かせるようにしておくのがおすすめ。
  • ダイニングの照明は固定のペンダントライト。素敵なのですが旦那さんがしょっちゅう頭をぶつけてます。つけたあとで高さを調整するのはなかなか難しいので、使う人の背丈なども考えておくといいのかも。
  • キッチンカウンター頭上の照明とダイニング照明は、どちらか一つでも大丈夫。けっこう明るいです。見た目はかわいいのでインテリアとしては気に入ってます。

キッチンとダイニングが一体となった「オープンキッチン」の家が増えていますが、オープンならではの悩みもあるようです。特に照明の色や数は、ひとつの空間として考えたほうがよさそうですね。

【子ども部屋】

  • 奥行き900mmのクローゼットを子ども部屋にも設置してもらったのですが、お布団を使わないため、そこまで大きいものは必要ありませんでした。
  • 子ども部屋の収納の扉を折れ戸にしましたが、引き戸のほうがよかったかも。収納スペースがムダになるし、壊れやすいので。
  • 子ども部屋の収納で、扉の代わりにロールスクリーンやカーテンを設置したら、使いやすくて気に入ってます。湿気もこもらず一石二鳥でした。
  • 子どもの収納は、思い切って作りませんでした。ほかの収納でまかなえるし、洗濯物は干してすぐに家族全員分のクローゼットへ入れてしまうので。

子ども部屋はスペースが限られるうえ「どうしても子ども部屋内にしまわなければならないもの」は、それほどありません。収納専用スペースはなくても、案外いいかもしれません。もし、備えるとしてもオープンに使えるスタイルの方が満足度は高いご様子です。

【ベッドルームについて】

  • 賛否両論ある夫婦別室ですが、特に高齢になり眠りが浅くなってからは別室が正解なように感じています。お互いの寝言やイビキにわずらわされず、朝早く目が覚めたには一人でラジオを聞いたり読書ができ、快適です。
  • 主人の夜勤が多いので、主人の寝室を独立させ、洗濯機の音や振動が響きづらい場所にしました。よかったと思います。

 

快適な睡眠環境にとって、騒音は大敵。間取りを考えるときは、音が出る場所(玄関やユーティリティ)との距離を考慮にいれてみてください。

【趣味の空間や書斎について】

  • 「書斎がほしい」という主人の希望で書斎を作りましたが、結果的に家族の中で主人が書斎にこもるため、孤立してしまったような気がしています。扉のない連続的なスペースにするなどしたほうがよかったもしれません。
  • 「アメカジ工務店」の知人宅はリビングの続きにガレージがあるイメージ。ガレージで作業をする旦那さんに、リビングからコーヒーを渡せる小窓まであってステキだなと思いました。我が家もあんな感じにしていたらよかった!

 

機能よりも心の満足度にとって大切な、リビングや趣味の空間。家族との繋がりや、理想の暮らしとの兼ね合いを考えつつ、みんなが楽しく過ごせる場所にしたいですね。

【トイレについて】

  • 意外と音が気になったりするので、設置場所は考えた方がいいかも。
  • 4人家族以上の場合は2つあった方がいい。朝「渋滞」が起こってしまうので。
  • ケチらずトイレ内に手洗いボウルをつければよかったです。外に出て洗面所まで手を洗いにいくのが面倒だし、不衛生と感じました。

 

普段の生活空間とは切り離されることの多いお手洗い。そこで完結するように機能をまとめておくと使い勝手がよくなりそうです。

【玄関】

  • 犬を飼っているため「玄関から浴室までの動線を短くしよう」と思ってそのようにして満足していましたが、友人が玄関に犬用足洗い場を作ったのを見て「その発想はなかった!」と叫びました。そちらの方が正解だったかもしれません。
  • 玄関奥に、除雪用品を置く「土間クローゼット」的なスペースを作っておけばよかったかなと思います。
  • 玄関の土間を床暖房にしたら、冬場でも冷気が入ることなく快適です。

 

玄関に置いておきたいもの、けっこうたくさんありますよね。また、ペット関連など玄関でできると楽になることも。家族の要望や持ち物をみながら、玄関スペースについて相談してみましょう。

【その他、間取り以外の反省点など】

  • 我が家はユーティリティ・キッチンとリビングをぐるぐる移動できる回遊動線。使い勝手もよく気に入っています。回遊動線を取り入れるときは、室温や生活音の調整のことを考えて、随時扉で仕切れるようにしたほうがよいと思います。
  • ひな人形を出す場所がなくて困っています。以前はテレビがブラウン管で厚さがあり、その上に置けたのですが、今のテレビは薄くてその場所がないので。リビングがある1階に3畳程度でもよいのでもう1部屋、予備の和室を作っておけば何かと便利だったように思います。
  • 吹き抜けを通じ、意外に声が届いてしまうことにビックリ。うちの間取りの場合、1階リビングでのヒソヒソ話が2階でも聞こえてしまいます。
  • 最近介護が必要になった両親を見ていて感じたのですが、車椅子でも生活できるようもっと廊下を広くし、壁に手すりを取り付けられる下地を入れておけばよかったと思います。30年後の自分たちの生活をもっとイメージしてみるべきでした。

 

  • 洗面所で化粧をするのですが、自然光が入らないため、外に出てからメイクが濃すぎたことに気づくことが。自然光が入る場所でメイクができるよう、気をつけるとよいと思います。
  • 食材がきちんと見えるように、キッチン照明は白っぽいほうがおすすめ。イメージ優先でオレンジ色にしてしまった我が家では、暗く感じることが多いです。壁紙とか家具などと違い、照明の色は事前にイメージしにくいので、実際にモデルルームなどで実物を確認したほうがいいと思います。
  • 我が家は廊下やリビングなど、比較的LED ダウンライト照明を多く取り入れています。建築当初は、手頃だしLEDだから長くもつだろうと、<電球と器具一体型>にしました。でも永遠に電球がもつわけではなく、交換時に業者を呼ばなくてはいけないことを考えたら、ケチケチせずに電球交換が可能なタイプにしておけばよかったかな、と思っています。

 

 

家族でやりたいことを出し合い大満足のおうちづくりを!

家族にとって何よりも大切な「我が家」。正解を見つけるのは簡単ではないかもしれませんが、それぞれのしたいことやプライバシー、生活リズムを大事にしながらも、孤立することなくつながっていられるような素敵な空間を作れるとよいですね。

記事を書いた人
中澤 理恵 ジョンソンホームズ メンテナンス部 ジョンソンレディ

この仕事を始めてから苦手だった掃除や片付けが楽しくなってきました♪お客様の心に寄り添いつつ、退屈なルーティンワークにも日々の小さな楽しみを感じてもらえるお手伝いができたら嬉しいです。

Topics

NEW

インテリア

おうちを見直そう。インテリアをつくる大きな要素とは?

#マンション#一戸建て#内装#飾り方

修理

【リフォーム事例】風除室設置で玄関からの吹き込み・騒音を軽減

#メンテナンス#リフォーム#一戸建て#冬#設備

たべる

「家でも、プロの味を楽しみたい!」。札幌でお薦めのテイクアウト3選!

#お土産#ごはん#ショップ#秋

あそぶ

ハンドドリップコーヒーの淹れ方を動画で!おうちのガレージで暮らしを楽しもう

#アイテム#アウトドア#一戸建て#動画#暮らし方

たべる

一期一会の手造りビールの味わいに感激、澄川麦酒醸造所&ビアパブ・ひらら

#おでかけ#お酒#ごはん#ショップ

NEWPOSTS/最新記事

NEW

あそぶ

レバンガ北海道のホームゲーム会場に登場!「ジョンソンホームズ ラウンジシート」って?!

#おでかけ#冬

NEW

インテリア

おうちを見直そう。インテリアをつくる大きな要素とは?

#マンション#一戸建て#内装#飾り方

生活

生命保険料控除について知っておきたい、大事なこと

#お金のこと#保険

修理

【リフォーム事例】風除室設置で玄関からの吹き込み・騒音を軽減

#メンテナンス#リフォーム#一戸建て#冬#設備

家づくり

外構費用の相場はどのくらい? 新築するなら知っておきたいポイント

#お金のこと#一戸建て#庭#新築の家づくり